> キャッシング手数料がもったいないと思うなら

キャッシング手数料がもったいないと思うなら

キャッシングサービスの利用には、金利という手数料がかかっています。
金利は、金額に対して一定の割合でかかり、
借り入れ金額が高額になるほど金利負担も増えます。

キャッシングの金利について

また、日数に応じて増えていくため、長期間借り入れしても金利負担は増えます。
金利の計算方法は複利計算であり、前日の借り入れ額+金利の全体に対して、
翌日分の金利をかけます。
そのため、指数関数的に返済総額が増えて行く特徴があります。
このような、手数料がもったいないと思うなら、借り入れする金額は
極力少なく抑えることと、借り入れ期間も1日でも短くする工夫が大切です。

キャッシングの借り入れも返済も、コンビニATMなどから簡単に行える上、
インターネット振込による返済なども行えます。
このような方法を駆使して、キャッシングの繰り上げ返済を行えば、
金利手数料負担を減らせます。
また、借り入れ開始に近いほど、返済総額を減らす効果が高いので、
繰り上げ返済は1日でも早く行うべきでしょう。

ATMなどの手数料について

もう1点注意すべきことがあります。
キャッシングには、金利以外にもかかる費用があります。
それは、ATM利用にも利用料という形で手数料がかかってくるということです。
借り入れの際も返済の際もかかるため、少額を出し入れするような使い方が、
もっとも負担が大きいということになります。
また、振込返済時の振込料もかかってくるため、チマチマキャッシングしたり、
チマチマ返済する際には気をつけましょう。