> 10万円の借入で返済額はいくら?

10万円の借入で返済額はいくら?

会社によって金利や最低返済額などが異なり比較しずらいため今回はアイフルを例にしてみます。

『10万円を年利18%で借入た場合』
基本的に10万円の借り入れの場合の約定返済金額は4000円なので
毎月4000円を支払う事になります。

実質年率 年率18% 年率18% 年率18%
月々返済額 4,000円 5,000円 10,000円
利息合計 26,260円 19,712円 9,106円
総返済額 126,260円 119,712 円 109,106円
支払い回数 32回 24回(2年) 11回(1年)

普通に支払っていくと月々の支払いが4000円で総返済額126,260円、返済回数は32回となります。 10万円借入すると2年8ヶ月後に返済が終了する事になります。

ちょっと長すぎると思った方。上の表をみてもらえるとわかるのですが、2年と1年で返済が終了するように設定した場合を掲載しています。2年で返済を終えたい場合は約定返済額の4000円にプラス1000円した5000円を返済していくと2年で終了します。同様に1年で返済終了したい場合は毎月10000円を支払うことになります。

もうお分かりだと思うのですが、返済回数を減らしたほうが総返済額が少なくなります。計画的に返済していく事が大事です。

一応、利息の計算方法をのせておきます。

利息が計算できないとそもそも計画が立てずらいので、最低限覚えておきましょう。

利息=借入額×実質年率÷365日×借入日数

このページではアイフルを例に月々4000円からの返済について書いてきました。
アイフルの場合は最低返済額が4000円でしたが、会社によっては月々の最低返済額が
4000円未満の場合もあります。その場合は返済期間が上記で説明した32回よりも
増える事になります。月々の最低返済額の設定によっては返済が厳しいときに少ない返済で
済ませることが可能になったりなどメリットになる事もあります。

利用する人の状況によって変わってきますが、少し頭に入れておくだけでもムダにはなりません。

低い返済額(10万円の借入の場合4000円)で借入できるのでとても便利なのですが、上で説明しましたが、4000円の場合32回と返済が長期化(2年8ヶ月)するので返済総額、利息などきちんと計算し借入することが必要です。
繰上げ返済も考えておくと良いですね!